読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心葉の本棚

小説・マンガに関することや、日常であった事などを書いていきたいと思います。

NARUTO疾風伝

今日は、

NARUTO疾風伝 最終回!

ということで、私のNARUTOへの想い思いのままに書きまくりたいと思います!

 

それから、更新遅れてすみません… 滑り込みセーフですね^^; 間に合って良かったです。

 

ホントは、NARUTOについてはもう少しあとに書く予定だったのですが、ここで書くことにします。後日、また改めて書き直すかもしれません。

(※上手くまとめられていないので、乱文で読みにくかったらすいません)

 

 

ーーーーー

 

NARUTOとの出会い
 

もう何から書けばいいのやら… ひとまず、出会いから始めたいと思います笑

 

私がマンガを読むようになって、初めの方はずっとONE PIECEを読んでいたのですが、書店等でONE PIECEの隣にいつも並んでいるマンガが気になり出しまして。どうしても気になって気になって、ブックオフにて1巻を立ち読みしました。

 

1話の最初から絵とストーリーに引き込まれ… 中でもおいろけの術インパクトときたら笑笑

とにかく何故かそこに強く衝撃を受けて、その場で1巻から5巻までを即刻購入しちゃいました。(※変態ではないです!)

 

そこからは、お小遣いやお年玉、お金が入る度に全額NARUTOにつぎ込み、月1000円あるかないかの少ないお金の中で 前借りもたくさんして(笑)、1年半かけてなんとか全巻集めました。

多い時は月に4回、土日が来る度にブックオフに通っていました。

あの時は、マンガのたくさん並んだ大きな棚を見ているだけで幸せでした…笑

今では、そのマンガのたくさん並んだ大きな棚が自分のモノでない事がすごく悔しいです笑

 

そんなこんなで、小学生の頃から集めていたNARUTOに対しては、友達のような、幼馴染みのような、そんな気持ちがあります。

 

ーーーーー

 

NARUTOは教科書

 

NARUTOは私の人生の教科書です。

最初は独りぼっちで小さかったナルトが、それでも諦めずに己と周囲と闘う姿に、勇気をもらえました。

私自身も人見知りがすごくて、友達に恵まれず、ずっと本と過ごしてきたので、もちろんナルトの方が何億倍も辛いのですが、周囲に溶け込めていない所に少し自分を重ねていました。

そんな事もあってか、ナルトが凄いことをやってのけると、自分じゃないのに すごく誇らしくて嬉しくて

ナルトは、諦めないで前に進んで行けば、皆にその気持ちを認めてもらえる!という事を教えてくれました。

 

強い想いは人を変える。

 

 

努力は報われる!

 

 

ナルトは、その事を証明してくれました。

上手く言えないんですが、私の人生に置いて すごく強い影響を与えてくれ、今では私の全ての力の根源です。

 

 

ーーーーー

 

最後に…

 

たくさんの希望ありがとう

 

私に勇気を与えてくれてありがとう

 

NARUTOというマンガと出会えて、本当に幸せでした

 

何をどうまとめていいのか分からないけど、

本当に本当にありがとうございました!

 

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』楽しみにしてます!

 

NARUTOの事が

ずっとずっと大好きです!

 

ありがとう!おめでとう!